• 土曜日, 2021年9月18日

優秀な社員を育成する?社員教育の方法を知って、企業成長につなげよう!

Byadmin

2021年9月3日

なぜ今、社員教育が必要とされているのか?

従来の社員教育の目的は、企業そして社会の一員としてのマナーや必要な規範、そして仕事に役立つスキルや知識を習得することでした。しかし労働人口が減少している近年においては、企業の生産性向上のために優秀な人材を育てることが重要となり、より効果ある社員教育が求められるようになっています。

社員教育の方法とは?OJTとOff-JTの特徴を理解しよう!

社員教育には、OJTという方法があります。OJTとは、配属先で上司や先輩が実務を通して、部下にスキルや知識を取得させる方法です。上司や先輩の指導を受けながら、仕事の難易度を上げていくことも可能であり、部下に自信を付けさせることもできます。またOff-JTとは集合研修のことで、職場を離れてスキルや知識を習得させる方法です。訓練や研修に集中しやすいため、高い学習効果が期待できる方法といわれています。

さらなる社員教育の方法?e-ラーニングを理解しよう!

e-ラーニングとは、画像や動画を使用したコンテンツを作成して社員に提供する方法のことです。ネット環境とデバイスがあれば受講可能であり、社員は自分の都合のよい時間や場所で研修を受けることができます。また何度も繰り返して受講することができる点も、大きな特徴です。研修会場の手配の必要がないなど、企業側にも時間と費用の負担が軽減できるという特徴も持っています。

組み合わせることで、効果アップが期待できる!

社員教育には様々な方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。しかし複数の方法を適切に組み合わせることで、それぞれのデメリットを補完できます。より高い教育効果を得るためには、適切な運用や工夫を考えることが重要であるといえるでしょう。

社員教育とはその会社で働く為に必要な知識や技術を教えて、会社の利益になる仕事ができる社員を育てることです。知識や技術だけでなく、やる気や愛社精神を育てることも含まれます。