• 日曜日, 2020年10月25日

セキュリティ対策で倉庫の貴重品を守る!ビジネス文書は箱で合理的に管理と保管!

Byadmin

2020年10月14日

貴重品を保管する倉庫には十分なセキュリティ対策を

貴重な物を保管する倉庫は、セキュリティ対策を万全にしたいところです。防犯カメラを出入口付近に設置し、抑止力を発揮させましょう。不審者は基本的に防犯カメラの目が光る場所には現れません。映像を高画質で記録する事が出来る防犯カメラがお勧めです。もしも万が一、トラブルが倉庫で起きた時も、証拠となる映像があれば問題解決が捗ります。

次に倉庫の扉を最新鋭の防犯システムに刷新してみるのも、良いセキュリティ対策です。電子キーで開閉するタイプの扉ならアナログの鍵のように、強引に開錠されたり、偽造品で開けられるなどの被害がありません。生体認証で開閉するドアを取り付けるのも良い作戦です。倉庫担当のスタッフしか完全に開けられない仕組みを実装すれば、貴重品が安全に保管し続けられますし、企業秘密の漏洩も予防可能です。

専用の箱でビジネス文書を賢く管理

ビジネス文書を倉庫で保管するためには、専用の箱が必要です。ファイルやバインダーのまま、倉庫の棚に保管するのは流石に不用心です。また大量のファイルやバインダーを棚に並べると整理整頓が難しくなり、目的のビジネス文書を素早く取り出しにくくなります。段ボール箱などに梱包しておけば、大量のファイルもスマートに保管する事が出来ます。箱にビジネス文書の種類や作成日、担当者の名前などを明記しておけば、再び必要になった時、素早く目的の物を取り出せるでしょう。

出来る限り倉庫で使う段ボール箱のサイズは揃えておいた方が賢明です。箱のサイズや形がバラバラだと、棚や床に積み上げる時、バランスを崩しやすくなります。同じデザインの物に最初から揃えておけば、棚に綺麗に横一列に並べられ、管理や保管作業が捗ります。

物流は、スーパーやコンビニなどの小売業だけでなく、ECサイトの運営者や一般の消費者にとっても生活に密着したものとなっています。